渡辺淳一文学館に行ってきた

時計台でのギター演奏会のときに渡されたチラシを見て、渡辺淳一文学館での演奏会に行ってきた。 チケットが前売りで千円と、安かったこともある。かさはら楽器店で手にはいった。

渡辺淳一文学館はキタラの西隣、閑静な住宅街の中にある。モダンな建築で、図書室のなかでは飲み物を飲みながら休むこともできる。 演奏会は、地下のホールで開かれた。 ギタリストは、岩本政仁という、全国のコンクールで1位を取っている人だ。 それに友情出演ということで、先に時計台で演奏した佐藤洋美、それとバイオリンの高崎希美が出演し、合奏をした。さすが一流のギタリストで、安心して聞いていられる。

思うに、ギターというのは、大変難しい楽器だ。ちょっとしたミスがすぐに分かってしまう。それを克服するためには相当の練習量が必要だ。

そう思っているうちに、最前列に座っていたにも拘わらず、うかつにも居眠りをしてしまった。 演奏会の後、人通りの少ない夜の中島公園を通り抜けて帰路についた。

投稿者: Norihisa Uehara

札幌市手稲区に住んでいます。故郷は、パウダースノーで有名なニセコの近くの倶知安です。 I am living in Teine-ku, Sapporo. My hometown is Kuchan, near Niseko that is famous for powder snow.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。