善悪にもいろいろある

H.パーマー原作の「エニアグラム」という本では、悪(vice)は歪み、善(virture)は美質と訳されている。
心理学の分野では、「善」は個人の価値観の問題と捉え、内容の良し悪しは問題としないようだ。
法律学の分野でも、通常、「善意・悪意」に道徳的な意味を持たせていない。価値判断が困難だからだろうか。
でも、日常生活ではどうだろうか。
やって良いことと悪いことの判断は必要だ。
ところで、カモに餌をやることは悪いことだろうか?

投稿者: Norihisa Uehara

札幌市手稲区に住んでいます。故郷は、パウダースノーで有名なニセコの近くの倶知安です。 I am living in Teine-ku, Sapporo. My hometown is Kuchan, near Niseko that is famous for powder snow.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。