庭模様

ふるさと倶知安町のシンボルが水のみ場になっていた。

 

 

 

 

 

 

ふるさとの先祖の歌碑の前に生えていた花から種をとって育てた。

 

 

 

 

これは、ふるさとで祖父が育てていたオンコ。

 

 

 

 

 

 

これは父から貰った松。

母が育てていたバラを挿し木で育てた。

 

 

 

 

 

 

再生の方法にはいくつかある。

枝がすべて雪で折れたが、テープで固定して再生した。

 

 

 

 

 

 

台風で根元から倒れた木の根から新芽が生えたので移植した。

 

 

 

 

 

 

枯れた木の近くから、忘れたころに芽を出した苗木を移植した。

 

 

 

 

 

 

 

ところで「あみだにょらい」の「あみだ」はameterすなわち量ることが出来ないという意味で、阿弥陀如来は量ることが出来ないものがひとつになって私を生かしに来てくれるという意味だそうだ。

ありがたいことだ。

投稿者: Norihisa Uehara

札幌市手稲区に住んでいます。故郷は、パウダースノーで有名なニセコの近くの倶知安です。 I am living in Teine-ku, Sapporo. My hometown is Kuchan, near Niseko that is famous for powder snow.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。