共生を考える

 

「共生」は共に生きるということだが、双方が利益を得るとは限らない。 

新型コロナウィルスは、人間によって世界中に蔓延した。

一方で、人間は、きわめて深刻な被害を受けた。

 

その間、人間は、新型コロナウィルス蔓延にどう向き合ったか。

・新たなワクチン製造方法が開発、提供された

・衛生に気をつけた結果、インフルエンザなど他の感染症にもかかりづらくなった

・接触機会を減らすウェビナーが普及し、海外や地方でも視聴できるようになった

・密集を避けるため、大都市から地方に人口が流出した

・輸入への過度の依存から、国内生産を増やす動きが出た

 

世の中には、絶滅できない諸悪がある。

伝染病、戦争、飢餓、差別、いじめなど、厳しい現実がある。

その中にあっても、あきらめないのが人間の強さだと思う。

投稿者: Norihisa Uehara

札幌市手稲区に住んでいます。故郷は、パウダースノーで有名なニセコの近くの倶知安です。 I am living in Teine-ku, Sapporo. My hometown is Kuchan, near Niseko that is famous for powder snow.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。