東郷青児美術館

 

 

 

 

 

 

 

新宿高層ビル群の中にある東郷青児美術館で、ゴッホの「ひまわり」を見た。

花のほか背景も花瓶も黄色だ。花はひとつひとつ見るとゆがんで乱れている。でも全体としては一つの絵になっている。これでいいんだ。

東郷青児のメルヘンチックな絵は、遠くから見るときり絵のようにも見えるが、近くで見ると人手で描いたことが分かる。あのタッチはどうして出すことができるのだろうか。